日本創造経営グループ環境方針

日本創造経営グループが取り組んでいる環境活動についてご紹介いたします。

環境理念

我々は、社会の持続的な発展を目指し、業務を通じて経済的な側面だけでなく、環境負荷を低減し、自然と人間の創造的関係を家庭生活に根ざして形成する。また、関与先に対しても、創造的生活に根ざした企業経営の実践を支援し、持続的に発展する企業づくりに貢献する。

環境方針

1.監査、税務、マネジメントコンサルティング、経営教育、情報システム支援の事業運営において、関与先の持続的発展を目指し、環境マネジメントシステムを構築し、運用する。

2.事業活動における環境側面を認識し、継続的な環境マネジメントシステムの向上と環境汚染の予防、環境保護に努める。

3.環境に関する法規制および我々が受け入れた利害関係者の要求事項を順守する。

4.環境パフォーマンスの向上のため、以下の項目ごとに目標を設定し、改善活動を推進するとともに、定期的に見直しを行う。

(1) 各事業体の業務を通じて、各事業体はもとよりその関与先に対して、持続的発展に導くため、創造的経営を推進し、顧客の環境負荷低減に貢献する

①創造社会会計、創造経営会計、創造生活会計の適用

②環境経営の推進

③創造者育成、創造的生活の推進

(2) 環境家計簿を生かし、家庭における創造生活会計に基づく創造的生活を実践する

(3) 職場生活における健康管理、環境負荷低減を行う

5.全従業員は本方針を認識し、構築した環境マネジメントシステムを有効に活用する。

6.本方針は全従業員に周知するとともに一般にも公開する。

令和1年11月21日
日本創造経営グループ
議長 森田 雅美

環境報告書(PDF)