日本創造経営グループ 沿革

1948年(昭和23年)
日本創造経営グループの源となる薄衣会計事務所創立
1952年(昭和27年)薄衣公認会計士事務所に改称
1954年(昭和29年)総合経営研究所設立【現在の(株)創造経営センターの前身】
その後、総合経営能率協会(昭和36年)
→創造経営協会(昭和51年)
→創造経営センター(昭和54年)
→(株)創造経営センター(平成元年)と改称
1963年(昭和38年)総経同人会発足【現在の日本創造経営協会の前身】
その後、日本喜働経営協会(昭和45年)
→日本創造経営協会(昭和50年)と改称
1965年(昭和40年)薄衣共同公認会計事務所と改称(パートナーシップ制発足)
1971年(昭和46年)喜働教室開講(現在の創造経営教室)
1972年(昭和47年)喜働大学校開講(現在の創造経営大学校)
1975年(昭和50年)監査法人薄衣佐吉事務所設立
1975年(昭和50年)日本創造経営協会と改称
1983年(昭和58年)創造経営コンサルタント公的資格認定
1989年(平成元年)(株)創造経営センター設立
1992年(平成4年)礒部巖税理士事務所設立
1995年(平成7年)(株)創造経営センター茨城営業所開設
1997年(平成9年)(株)ソウケイ・ハイネット設立
2001年(平成13年)(株)創造経営センター コンサルティング事業
ISO9001:2000認証取得
2004年(平成16年)日本創造経営グループ
ISO14001:2004認証取得
2005年(平成17年)税理士法人大和 設立
2009年(平成21年)一般社団法人 日本創造経営協会組織変更